薬剤師が自ら訪問して客と向き合う在宅調剤・施設調剤・介護

薬剤師自らがお客の元へ出向く在宅調剤と施設調剤

医療制度の改革により、地域医療体制への移行が進んでいます。

地域医療体制への移行と共に、薬剤師に求められる役割にも変化が出てきています。

それは、お客がドラッグストアや調剤薬局に来てくれるのを待つ姿勢から、薬剤師自らがお客の元へ出向く姿勢への変化です。

具体的には、在宅調剤と施設調剤です。

地域医療体制の下では、長期療養者はこれまでの病院から自宅や施設で療養することになりました。

そのため、地域に分散した患者を支える医療体制の構築が急務となっています。

つまり、在宅や施設にいる患者のところに薬剤師が出向いて、患者と向き合うことが求められているのです。

地域医療体制の下では、薬剤師は医師や看護師と共にチームを組み、一体となって患者と向き合います。

薬剤師は専門技術者から地域医療の一端を担う存在へと変化することが求められているのです。

介護

高齢化社会が急速に進む日本では、薬剤師は介護との関わりも求められています。

ドラッグストアの中には、在宅介護患者を日中預かるデイサービスセンターを併設する動きもあります。

また、ケアマネージャーの資格を取得した薬剤師が介護患者のケアプランを作成したりすることもあります。

転職を成功させる2つのコツと転職エージェントランキングに戻る »


転職代理人 エンゼルバンク転職代理人から学ぶ転職と人生の成功法

お金を借りたい