ドラッグストアや調剤薬局では薬剤師の確保が課題に

ドラッグストアや調剤薬局では薬剤師の確保が課題に

2009年6月に薬事法が改正されて以来、薬剤師の確保が課題となっているのがドラッグストアや調剤薬局といった医薬品小売りチェーンです。

なぜなら、効き目が高く高額な第1類医薬品は薬剤師でなければ販売できないからです。

つまり、1店舗に最低1人は薬剤師がいなければ第1類医薬品はドラッグストアや調剤薬局では販売できないということです。

また、最近では調剤薬局を併設するドラッグストアも増えてきています。

医薬品小売りチェーンが1つの店舗であらゆる医薬品を販売しようと考えている限り、薬剤師の確保は重要な課題となっているのです。

といっても、薬剤師の数が需要を上回る供給過剰になれば、この引く手あまたな状況にも当然変化が出てくるでしょう。

薬剤師と登録販売者との関係

2009年6月1日より登録販売者制度ができたので、ドラッグストアや薬局では薬剤師の職域が狭まるのでは?と言われていました。

しかし、副作用のリスクが高いけど効果も高い第1類は薬剤師でないと販売できないので、第1類のニーズが高い都市部のドラッグストアを中心に薬剤師の求人はむしろ高まりました。

また、薬剤師は大学が養成してくれますが、登録販売者は企業が養成することになるので、登録販売者を雇用する方が企業にとってコスト高になるという声もあります。

卸(おろし)では薬剤師という資格は戦力になるに続く »