薬剤師の就職先「製薬会社・医薬品メーカー」の仕事内容

製薬会社・医薬品メーカーでの薬剤師の仕事内容

製薬会社や医薬品メーカーで働く場合、必ずしも薬剤師の資格が必要というわけではありません。

薬剤師の資格があれば職域は広がるけど、出世の必須条件ではないというのが現実です。

そんな中でも、製薬会社や医薬品メーカーで薬剤師という資格が役に立つ業務には以下のものがあります。

MR(医薬情報担当者)

MRとは「Medical Representative」の略で、医療機関と取引する最前線の営業職のことです。

お客である医師に医薬品の特徴や副作用を説明するので、薬剤師の資格は重宝されます。

新薬の品質試験

製薬会社や医薬品メーカーでは新薬の開発が日夜行われています。

新しい薬が開発されたら、必ず必要になるので品質試験です。

「安全性を確保しているか?」「長期間の保存に絶えられるか?」といったことを調べるために試験を行います。

医師資格や博士号を持っている社員がたくさんいる製薬会社では、薬剤師の資格を持っているだけでは新薬開発よりも新薬の品質試験がメインの仕事になります。

特に最近では、ジェネリック(後発医薬品)の品質試験業務を担当している薬剤師が多いようです。

情報管理

製薬会社や医薬品メーカーでは、医薬品の有効性や安全性、副作用などの最新の情報を医療の現場に提供することが求められています。

これらの情報を整理、保管、加工するために薬剤師の知識が役立ちます。

ドラッグストアや調剤薬局では薬剤師の確保が課題にに続く »


ブランドムック 発売予定日 ブランドムック本の発売予定日をチェック

スペイン語と英語を同時学習