医薬品流通の中間「卸」では薬剤師という資格は戦力になる

卸(おろし)では薬剤師という資格は戦力になる

医薬品の流通の中間にある卸(おろし)では、薬剤師の重要性は高くなっています。

というのも、卸は「病院などの医療機関」や「調剤薬局」を相手に取引するので、薬に関する知識は必須項目となります。

医療機関や調剤薬局では、大衆薬よりも効果もリスクも高い医薬品を扱うので、薬剤師の高度な薬に関する知識が重宝されるのです。

また、卸の場合は多数の会社の薬を扱うので、取り扱う医薬品の種類も多くなります。

さらに、昨今のジェネリック医薬品市場の拡大のため、取り扱う医薬品の数は膨大に増加しています。

このような状況の中、商品管理や営業管理で薬剤師の存在は不可欠となり、薬剤師という資格は大きな戦力となります。

ドラッグストアと製薬会社の平均年収を比較に続く »