これからの薬剤師はカウンセリング・コンサルティング能力が必要とされる

これからの薬剤師はカウンセリング・コンサルティング能力、コミュニケーション能力が必要とされる

将来的に薬剤師が過剰となったとしても、生き残ることができる薬剤師とはどんな人なのか?

薬剤師の本来の業務は「調剤」「医薬品の供給」「公衆衛生」の3つですが、「調剤しかできません」という薬剤師が圧倒的に多いのが現状です。

このような状況で、他の薬剤師と差を付けるために必要なスキルはカウンセリング能力やコンサルティング能力です。

これから本格化する「高齢化社会」や「セルフメディケーション(市販の薬で自らの健康を守る)」の重要性を考えると、調剤薬局でもドラッグストアでも地域住民の健康管理を行うカウンセリング能力やコンサルティング能力が必須となるのです。

つまり、そこではコミュニケーション能力も必要とされるということです。

薬剤師というと、室内にこもってあまり人と接しないというイメージがありますが、今後はどんどん表に出て、困っている人のアドバイザー的な役割ができる人材を企業も選ぶ時代になります。

近い将来、薬剤師は過剰になり、売り手市場から買い手市場へと転換します。

企業の買い手市場になっても選ばれる薬剤師でいるために、地域住民に指名されるくらいのカウンセリング能力やコンサルティング能力、そしてコミュニケーション能力を身につけることが今後の薬剤師に必要とされることです。

薬剤師はセルフメディケーションの相談役になるべきに続く »


スピードラーニング トライリンガル スペイン語 スペイン語と英語を同時学習を同時学習できるトライリンガル教材

日本の名作文学 日本人なら一度は読みたい日本の名作文学